ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

詩編37:7-22

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
私たちはあなたから与えられるたくさんの出会いの中で生かされています。
「今年の夏はいつまでも暑い」という言葉の中でも、
「今までにはこんな暑さ経験したことがない」というような気持ちが語られています。
今の気持ちによって素敵な空に見えたり、新しい自分を発見したり。人と出会ったり。
一つ一つが神様、あなたから私たち一人ひとりに与えられる、
かけがえのないものであることを感謝できますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。
このお祈りを、主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

おはようございます。
今朝ご一緒にお読み致しました聖書の箇所、詩編37:7において詩人はこのように語ります。
「沈黙して主に向かい,主を待ち焦がれよ。」と。
「沈黙して」と言われても何だかピンと来ないし、それは時と場合によるのではないかと思うのではないでしょうか?
でも心を主に向けていたいし、どうすればと思う方も少なくないと思います。

「沈黙する」とはどういうことなのでしょうか。
最近,病気の中で過呼吸という症状を起こす方が多いと聞いたことがあります。
息を吐くのを忘れて息を吸ってばかりいると過呼吸を起こす方がおられるそうです。
私は幼い頃ピアノを習ってました。焦ると一拍休むところを半拍で進んでしまうらしく、
ピアノの先生によく「一だけではなく一とう二とうと数えなさい」と言われたことを思い出します。
一だけでは息を吸うだけです。しかし、「とう」を入れると息を吸って吐くことができます。
過呼吸も吐く事を忘れ吸い続けた結果です。
息を吐く時は落ち着きを必要とし、時にはゆっくりした時間も必要になります。
逆に長く声を出そうとしたら深く大きく息を吸い込みます。

「沈黙する」とは息を吐いて空っぽの自分にするということではないでしょうか。
空っぽの心をただ神様に向ける。そうすれば神様に与えられる全てのものが、あなたの体中に染みわたり溢れ出ます。
神様があなたから溢れ出た全てのものをお用い下さいます。
「主を待ち焦がれよ。」と詩人は語りますが心、配は要りません。
あなたが神様を待ち焦がれるよりずっと何倍もの大きさで、神様があなたを待ち焦がれて待っています。
そのことに私たちはただ信頼すればいいのです。