ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ルカ1:26-38

祈り)天の神様、新しい目覚めを私たち一人一人にありがとうございます。

私たちは、たとえ今、新しい目覚めを与えられても、
目覚めるのが当たり前に思えたり、迷惑に感じたり、
一人一人の感じ方は様々です。
しかし、神様あなたは、どんなに迷惑がられようと責められたとしても、
変わらない目覚めを私たち一人一人に与えて下さいます。
あなに感謝できずに恨みや悲しみを訴えたとしても、
私たちがいつも神様あなたに心を向けることができますように。
神様はいつも一人一人の心をそのまま受けいれて下さいます。
ありがとうございます。

これから語られますみ言、この語る者を通して今、
聖霊のお導きによって、聖書から聴くお一人お一人と
皆さんの心にあるお一人お一人へ、神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたにお委ねいたします。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してみ前にお捧げ致します。
アーメン。

『マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉通り、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。』ルカ1:38

 おはようございます。

「どちらにしようかな?天の神様の言う通り。」
なんて、何かに迷ったときに歌った覚えがあります。
そうです。私たちは小さなことにせよ、人生の重要なことであっても迷います。

昔、演劇をする方が脚本家に「行間を読みなさい。」と言われた、
と言っていたことがありました。
私たちが生きている今も、戸惑うことや考え込むことがたくさんあります。
脚本にある行間のように、自分に止まって、戸惑ったり考え込むことは、
私たちにとって無駄なことではなく、必要なことなのです。

 今お読みしました聖書の箇所で語られているマリアさんも同じでした。
天使が言った言葉に、すぐに従わないといけないから、と何の迷いもなく、
すぐに神様からのお告げに従ったのでもなく、逆にすぐ断ってしまったわけでもありません。
マリアさんもこの時、神様からのお告げであることをわかっていても、
私たちと同じように戸惑い、考え込みます。
どのくらいの時間が経ったのかが大切だったのではなく、
マリアさんが戸惑い考え込む間も、一人ではなかったと言うことが大切だったのではないでしょうか。
もちろん、物事をどうするか選んだり決定するのは本人です。
しかし、物事に戸惑ったり、考え込むあなたはいつも一人ではありません。
必ず、あなたと共に神様がおられます。

 なんとなく今の時代,、速く能率が良いことに心が奪われやすいような気がします。
点滅する青信号を子どもの手を引っ張って走って渡るお母さんを見たり、
発車のベルが鳴る電車に飛び乗ってしまう人を見かけたり。

 私たちには心に余裕や落ち着きが必要です。
どんなに効率よく社会が回っているように見えたとしても
一人一人が物事に戸惑い考え込んでから決めて行くことを許されているのです。
私たちが生きている今、一人一人に行間が与えられ、
一人一人に戸惑い、考え込む時や空間が与えられています。
そして何よりも、その時や空間にも神様が共におられます。