ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

 エフェソ2:1-10

 

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。暑い日が続くようになりました。年々暑さが少しずつ上がってきているようですが、夏の次には秋が来て、冬になって春が訪れると、私たち一人一人の心は一年間に四季があると、神様あなたから与えられる恵みを自然に受け入れています。一つ一つに文句や不平を言うこともあれば、感謝の心や言葉が溢れることもあります。しかし、どんなにちっぽけでもどんなに迷惑に感じることがあっても、神様あなたからの愛は私たちに注がれています。そして一人一人と共に今もここに共におられます。これから語られますみ言この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。アーメン

 

 

おはようございます。今朝はイエス様のお話を聴いたから、一日私はよい行いができるわ、と張り切ったとしても、自分の理想通りに動けなかったり思っていたような結果が出なかったりして「やっぱり今日もダメだったわ」とか「私ってやっぱりダメね」と思ったりしたことがあるのではないでしょうか。自分のせいにしないで全てを周りの人たちのせいにして自分を正当化してしまうこともあるかもしれません。

私は高校生のときに洗礼を受けました。それこそ教会で洗礼を受けるということは、きっとこれまでの自分とは違わなくてはいけないんじゃないかと緊張しました。たとえばいつもニコニコしてなくてはいけないとか、あまり怒ってはいけないとか、それこそ聖書に書かれているイエス様のように生きなくてはいけないとか。洗礼を受けてクリスチャンと呼ばれるようになったらこうならなければいけない、私は変われるんだと、どこかで意気込んでました。

本当にそうなんでしょうか。イエスキリストによって生きるようになるとは外見や行いが今までとは違う人間になることではありません。でも変わります。何が変わるのでしょうか。それは「自分が生きててもいいんだ」「私は今も神様に愛され大切にされている」「イエス様と共に生かされているんだ」とただ受け入れるだけなのです。神様に造られ命を与えられ、今も愛されている人の生き方はその人自身の生き方です。ただ神様は今もあなたがあなたらしく、そのままを生きるようにと包んで下さいます。