ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ13:31-33

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。今日はどんなことが起こるだろうかと、わくわくしたり恐れてみたり、なんとなく一日を迎えてみたり

なんだか当たり前に新しい日を迎えることが多いような気がします。このように私たち一人一人が当たり前のように感じるほどに神様あなたは私たち一人一人に命を与えて下さいます。いつも私たち一人一人に命を与えて下さっている神様に心を向けて感謝することができますように。これから語られます、み言、この語る者を通して今、聖霊のお導きによって聖書から聴くお一人お一人と皆さんの心に在るお一人お一人へ神様あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたにお委ねいたします。このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してみ前にお捧げ致します。アーメン。

『イエスは、別のたとえを持ち出して、彼らに言われた。「天の国はからし種に似ている。人がこれを取って畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。」』マタイ13:31.32

 おはようございます。 しかし、天の国には必要なものがあります。それは「種を蒔く人」や「パン種を粉の中に入れる人」で例えられるように人間が必要です。また「種を育む存在」や「パン種を発酵させる存在」それは自然や菌の働きなのかもしれませんが、それらを用いる神様の存在が必要です。種を蒔く勇気もパン種を入れればパンの生地が発酵すると思う心も、種を育む存在でありパンの種を発酵させて下さる存在である神様への信頼がなければ、どちらもできません。

 イエス様が聖書で例えておられる「天の国」と言うものは、難しいものでも届かないものでもないのです。「天の国」には、あなたが必要です。「天の国」では神様への信頼が必要です。

「神様への信頼?難しいなぁ」って思われるかもしれませんが。

種を蒔けば草は育つよ。パン種を入れればパンは発酵するよ。って当たり前に思う安心がある日常が神様と共にある天の国なのではないでしょうか。

 ただ、日常に起こる出来事一つ一つに心を留めて、この一つ一つの出来事に神様が働きかけて下さっておられるんだと、あなたが思い起こす時を神様は待たれておられます。

神様は言われます。「ここが天の国であるために、あなたが必要です。」