ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

Ⅰコリント15:50-58

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。明日の朝ここで私は目覚めることはできるのだろうか、あの人はどうだろうか、この人は…、と不安になる時があります。しかし、必ず目覚めは与えられます。どこであっても、そしてたとえ自分が想像していなかった所であったとしても神様、あなたがおられます。目覚めが与えられる。それがあなたからの恵みであることを感謝できますように。これから語られますみ言、この語る者を通して今、聖霊のお導きによって聖書から聴くお一人お一人と皆さんの心に在るお一人お一人へと神様、あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたにお委ねいたします。このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してみ前にお捧げ致します。アーメン。

『わたしたちの主イエスキリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。』
1コリント15:57

 おはようございます。勝利しようって、神様なのに勝ち負けなわけなの?

確かに聖書には『死は勝利にのみ込まれた。』1コリント15:54とも語られています。エー!死なせてくれないの。そのようにも思われる方もおられるかもしれません。ただ、聖書で語られているのは「肉体の死だけが命の滅びではありませんよ」と言うことです。そのことをもイエス様は十字架の死から復活されることで私たちにお示しになられました。

 私たちは、やがて朽ちていく形あるものと、永遠に朽ちることのない形ないものでできています。見えて形がある方ばかりに気をとられて、見えないで形ないものは、あまり気にしていないかもしれませんが、両方ともあなたと言う人間の存在を支えてくれています。

 透明人間になりたい。って思ったことがあります。何かあまり良く無い事をやってしまい怒られた時や誰かに隠れて内緒にしたい時。でもある時に読んだマンガで、主人公が自分の予期もしない時、他の人から見えない存在になってしまい、初めは見えない事を良いことにいたずらをしたりして楽しんでいたのに、そのうち自分の存在が忘れられると寂しくなる、と言うようなストーリーでした。それを読み、幼いなりにどっちもどっちなんだなって思った覚えがあります。

 私たちには見える形ある存在も見えない形ない存在も必要です。どちらか一方にだけ偏って一方を否定する時や無視する時、忘れてしまう時があるかもしれません。

 しかし、神様は違います。見えない形のないあなたと言う存在も、見える形あるあなたと言う存在も大切なかけがえのない一つのあなたと言う存在として愛されておられます。