ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

詩編90編【祈り。神の人モーセの詩。】

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい命、そして新しい目覚めをありがとうございます。このようにしてあなたに心を向けて祈ることを今,あなたに赦されてできることを感謝致します。一つの物事を私一人が考えている時でも、神様あなたに心を向けて考える時とただ時間の経過として考える時と一つの事柄を考えているのに違う時があります。例えば物事が予定通り行かないことだけにイライラする時も、その物事が今予定通りいかないことは何か意味があるのではないかと思える時もあるからです。いつも一つ一つのことに私という人間を通して神様あなたも働いていて下さることに感謝できますように。これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと、そしてそれぞれの心にある方々お一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。アーメン

おはようございます。『人の子よ,帰れ』詩編90:3 と今ご一緒にお読みしました聖書の箇所で私たち一人一人に今,語られます。
私たちはどこに帰ればいいのでしょうか?
日本の人は、今現在、8月15日に終戦の日を迎えます。多分お生まれになられた国や時代によっても記念する日や意味が違って来るかもしれませんが、一般的に今現在、日本の国では8月15日は「終戦の日」として記念式典や戦争をテーマにした多くのテレビ番組が放映されます。実際に戦争中を生きられて来て今も生きておられる方々にとっては「記念日」と言う言葉では抱えきれない思いがあられると思います。
思い出された経験があります。それは広島に行ったときのことです。私は広島の原爆記念館に来た記念にと原爆ドームを写真に収めようとシャッターをきろうとした瞬間にカメラを落とし壊してしまいました「ドジだなー」っと思うと同時に「カメラで撮らなくても今も鮮明な映像が私の心に残っているなぁ」って思っていました。また、数年前ベルリンに行った時、ベルリンの壁のあとの前で肩を組んで笑顔で記念写真を撮る子どもの横に、ベルリンの壁が立てられていた当時、ベルリンの壁を越えようとして命を落とされた人のために立てられていた白い十字架があった映像が思い出されました。
『人の子よ,帰れ』詩編90:3 と、み言を聴いた今、なぜか、この二つのことが同時に思い出されたのです。なぜでしょうか。原爆ドームもベルリンの壁も記念です。あらゆるものが後世の人々にも覚えててもらうためにと残されています。もちろん記念として一人一人が覚え残して行くことも大切です。でも「あー、あの時代は大変だったのね」と歴史を思い出すのとは違ったところで一人一人が感じることや思いもあるのです。それらも大切なのではないでしょうか。記念として収める写真だけではなく、それらを見たり聴いたりして感じる一人一人の心や思いも大切なのです。
私たちの帰るところ。それは記念日を大切にする私も、記念を思う、その思いを大切にする私も、どちらの私も大切にして下さる神様のところなのです。
「思い」や「感情」は見えないし言葉にしないとわかってもらえないじゃないか。と思われるかもしれませんが、神様はわかってます。例えあなた自身がわかっていない思いがあったとしても、神様はあなたの全てをわかって、あなたを愛されてます。
それは間違いなく、あなたが神様に造られた大切な存在だからです。