ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

エフェソの信徒への手紙2章11節〜13節

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。神様あなたに心を向けると全てが今、あなたから与えられていることに感謝ができます。でも、私たちには日常の生活の中いろいろなことに心を奪われ,様々なことに心を痛めます。自分はこんなに弱かったのかと時には自分にさえも絶望する時もあります。しかし神様あなたはどんな私であっても絶望しません、それどころかそのままの私をいつも受け容れて下さっています。過去の自分も今の自分も、そしてこれからの自分も、そのまま受け容れて下さる神様に少しでも心を向ける時がありますように。これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと、そしてそれぞれの心にある方々お一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。アーメン

おはようございます。今ご一緒にお読みしました聖書の箇所の中に『しかしあなたがたは、以前は遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。』エフェソ2:13
「キリストの血によって」なんだかびっくりしてしまうような。イエス様なんて知らなかったのに、そんな私なんかのために?血によって、ってイエス様が私のために死なれたってこと?そうです、イエス様があなたのために死なれ、あなたのために今も生きておられると言うことなのです。あなたが「私なんか」と思っていてもイエス様にとっては「大切なあなただから」なのです。あなたにとって遠く離れているように感じられていたのは神様です。神様が近づいたと言うよりあなたが、いつも近くにおられる神様に気付くことを赦されたと言うことです。
「私あの時あなたの側にいたのよ。気付かなかった?」ある日,友人に言われ、その時に友人が一緒にいたことに気付かなかった自分に本当にびっくりしたことがあります。それと同時にその時を逃してしまった自分が悔しくてたまりませんでした。「何で気付かなかったんだろう」って後悔の思いが溢れて来ました。
でも神様は違います。その時だけ共にいて下さるのではなくずーっとあなたと共にいて下さいます。いつも近くにいて下さる神様に、あなたがキリストの生き方によって気付いて神様と近しい者となるのです。何でキリストの血が?それは今も生きていらっしゃるキリストの血が私にも与えられていると、今を生かされている一人一人が受け容れる「時」が与えられるからです。神様から与えられる時は「あの時気付いていれば」と言うように一瞬で過ぎてしまうのではなく神様から与えられる時は、必ずあなたにふさわしい「時」に何度でも与えられます。
神様はあなたを大切にされ、いつも共にいて下さいます。そしてあなたがそれを受け容れてくれることをいつも待っておられます。