ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ヨハネ13:31-35 新)P195

祈り)天の神様、私たち全ての一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。私たちはいろいろな物を通して神様から与えられる命にこの世が溢れていることを感じ感謝ができます。家の庭に年末植えた球根が年明けには芽を出して葉が伸び今は黄色いチューリップの花を咲かせて心を和ませてくれています。たった一つの種もいつの間にか土の中で芽を出し生かされている命を感謝いっぱいに咲かせます。この命もあの命も神様あなたによって造られ愛されていることを、そしてこの私の命でさえあなたに造られ愛されていることに感謝致します。これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと、そしてそれぞれの心にある方々お一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。アーメン

 おはようございます。『わたしがあなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい』とイエス様は言われます。
 皆さんにとって愛は何色ですか?どんな形をしてますか?愛には決まった色も形もありません。一人一人にとって違うように感じられるかもしれませんが愛は確かなものです。
 では神様に愛されていない人はいますか?神様に私は愛されていないかもしれないと思う人はいるかもしれませんが、その人も神様は愛されています。安心して下さい全ての一人一人は神様に愛されているのです。今日与えられました聖書の箇所の中のヨハネ13:34でイエス様が語られています『わたしがあなた方を愛したように』と私たち一人一人は間違えなく神様から愛されています。
 昔、私はこんなことを言われました。「自分を愛せない人は他の人を愛せるはずがない」と。その人は多分「愛し方がわからない人に他の人を愛することはできないよ」と言いたかったのかもしれません。
 ただ、神様から愛されていることを知っている私たちは他の人も愛することができるのではないでしょうか。神様からの愛は人を束縛しません。色も形も決まっていません。一人一人を大切にされます。私たちは神様にはなれませんが神様に愛を受けている人間として生きることができます。神様から愛されて生かされていることを伝えることができます。神様は全ての一人一人を愛されておられます。『互いに愛し合いなさい』とイエス様は私たちに言うだけではなく一人一人を大切にされておられるイエス様を真似るようにと私たちを招かれておられます。