ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
新しい年を迎えて、お一人お一人がいろいろな思いの中にあります。「今年こそは」と目標を新たにされる方、一日一日が健康であることを祈る方。その一人一人にいつも主が共におられ一人一人が一瞬一瞬を大切に生かされますように。このようにみ言から聴くことができる「今」が与えられていることを感謝します。これから語られますみ言この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。アーメン。

 皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
今朝、皆さんとお読み致しました聖書の箇所ルカ2:25-35はこの新年始めてお読みする聖書の箇所として、ふさわしい箇所です。というのはこの「シメオンの讃歌」とされている讃歌は毎回礼拝の中で皆さんと歌う「ヌンクディミティス」そのものだからです。
祭司であったシメオンは救い主に出会うまでは死ぬことはないと神様からのお告げを受けていました。現代に生きる私たちは人間としてこの世に生まれたイエス様に出会うことはできませんが、み言を通して聖霊として働かれるイエス様に出会う事ができます。
イエス様と出会い感激し、祝福されたシメオンさんが思わず「神様ありがとう」と言う気持ちで神様を賛美したように、私たちもみ言を通し聖霊として働かれるイエス様に「ありがとう」の気持ちを込めて、礼拝の度にヌンクディミティスを歌いましょう。
そして、自然や人やみ言を通して出会うイエス様に「ありがとう」の気持ちが溢れる年でありますように。